忍者ブログ
SEARCH
COUNTER
TWITTER
忍者ブログ / [PR]
正式名「あるかりがメモレベルで理解不能なことを書くブログ」
[45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35
漠然とした「あー、将棋したいなぁ」という欲求から、
名も知らぬソフトメーカーの「1500 DS spirits 将棋」を買いました。

このソフトには、女子高生、中高年男性、ゆるキモキャラなどの
10段階のレベルの対戦相手がおり、対戦に華を添えます。
しかし、対戦キャラが豊富とはいえ、変わるのは外観とセリフだけで、
相手によって戦術や駒組みが変わることはないので心配ありません。

つまり「レベルの高低差=悪手を打つ確率の高低差」と思われるほど
ブレがない基本思考ロジックが例外なく全員に搭載されているため、
パターンさえ覚えれば、そのままの戦法で強い対戦相手にも互角に
わたりあえることができ「成長した」という錯覚を体験できるのです。

たまに「NHK杯トーナメント」を見る程度の実力しかない私でも
最高レベルの相手に3局で勝てるようになったほどです。

「棋譜を巻き戻して再開」機能はもちろん、「待った」機能さえ
ないほど、実戦に忠実な「厳格なスタンス」なことも特筆に値します。

残り時間を引き算しないといけない「時間制限」や、
対戦中に誤って持ち駒を使用すると勧告もなく即ゲームオーバーになる
「持ち駒使用禁止」など、厳しいルールの「チャレンジモード」があり、
将棋に対して非常に貪欲な人なら挑戦心に駆られることでしょう。

これがクリアできれば、前述のロジックを搭載した新キャラが出たり、
他ソフトなら初めから選択できそうなハンデ設定制限が解除されたりと、
将棋ソフトとしての根幹にかかわる機能が段々と充実していきます。

また、将棋用語を説明するコーナーがあり、基本的な駒の動き方と
いくつかの矢倉戦法についてのさわりを学ぶことが出来ます。
中飛車、棒銀などの中~高レベルな戦法の話題は出てきませんので、
将棋をゼロからイチくらいまで学びたいという初心者や、
「とにかく何でもいいから将棋を指したい」という人にピッタリです。

「棋力判定テスト」では詰め将棋を数問体験することができます。
「これは何手詰め?」という問題も、正誤判定のみで解説を省くという
プレーヤーの自主性を重んじ研究心を煽るという設計になっています。

CPU戦に物足りなさを感じた実力者には、通信対戦が良いでしょう。
むしろ、こちらがメインといっても過言ではないはずです。
対人戦ではシステム関連のストレスを感じることはありません。

DSが2台あれば、重くて大きい将棋盤や駒を持ち歩く必要もないので、
金額を度外視して合理化を求める人には非常に大きなメリットです。

このソフトによって当初の“漠然とした欲求”は満たされましたが、
内容から判断するに、1500円は少し割高な気がします。
PR
Name
Title
Color
Mail
Web
Message
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL:
11
・・
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
・・
01