忍者ブログ
SEARCH
COUNTER
TWITTER
忍者ブログ / [PR]
正式名「あるかりがメモレベルで理解不能なことを書くブログ」
[130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120
No. [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スラロームにおけるあるかり予想
(証明するのがめんどいので定理ではなく予想どまり)

・連続しない旗門が間1マスで並列しているとき、
 互いに位置が重なる黒マスは、その間を通る線が確定する。
 1マスずれた黒マスでも同様に確定するが、この線は有効活用できない。
・外周マスを通る線の方向は、盤面内で
 時計回りもしくは反時計回りのどちらかに統一される。
・旗門の端は、どちらかが輪の内側、もう一方が輪の外側になる。
 この情報は、線または角で接する黒マスに複写される。



・これについての深い解説はしない。
 なぜならば、解くときも作るときもあまり使ったことがないから。
・上記3点とも解くときの中~上級手筋に位置すると思うが、
 たぶんこの手筋を使う問題はまだ出題されないと思う(根拠なし)。
・2番目は、スリリンやヤジリンなど他のループ系パズルにない
 方向という概念があるのが特徴。
・3番目に気がついたときは個人的に目からウロコだったが、
 これを使って作った問題は、難易度とボツの可能性が飛躍的にあがる。
・他のループ系パズルでかなり力を発揮する偶数判定は
 このパズルではあまり力を発揮できないのではないのかな(根拠なし)。
PR
Name
Title
Color
Mail
Web
Message
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL:
09
・・
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
・・
11
最近の記事
最近のコメント
[05/20 まいなすよん]
[11/20 風上和稀]
[11/18 風上和稀]
最近のトラバ
載った本
届いた本
購入予定